Column
お役立ちコラム

小学校受験の5つのメリットを紹介!お受験に向けた注意点とは?

2024.5.21

お子さんのお受験成功への道は、単に勉強量だけではなく、入試本番までの日常生活の過ごし方や学習環境も重要です。

親御さん受験の準備段階から、快適な学習環境を整えることで、お子さんは学習に対する意欲を高められます。自宅で学習に集中できるように、静かで明るい勉強スペースや必要な教材を提供したり、塾へ通わせてあげたりすることも、意欲向上につながります。

さらに生活態度のしつけも重要になります。面接の場では、お子さんの態度や言葉遣いも見られているからです。小学校受験はお子さんの将来に大きな影響を与え、私立・国立の小学校へ進学することでたくさんのメリットが得られます。

この記事では、小学校受験に必要な準備や、5つのメリット・注意点などについてお伝えしていきます。

小学校受験に必要な準備

受験先の小学校はどこを選ぶかで、お子さんの将来に大きな影響を与えます。小学校受験の準備段階から、親子でコミュニケーションを図りながら、行動計画を立てて実践していくことが大切です。お受験を成功させるためには、計画性と最後まで投げ出さずにやり抜く力が求められます。

多くの国立・私立の小学校では、10月~11月の秋頃に入試が行われています。受験に向けての準備は、約1年間をかけてコツコツと進めるのが一般的です。

お受験にはペーパーテストだけではなく面接もありますから、マナーや立ち振る舞い方、社会性や考える力など学習面以外も見られます。受験倍率が高い名門校や難関校を目指す場合、準備期間はもっと前の2年~3年前位から始めた方が良いでしょう。

小学校受験の5つのメリットとは?

受験勉強はお子さんにとって、長くて困難な道のりになるでしょう。それでも、私立・国立の小学校へ進学することで、得られるメリットがたくさんあります。

次の項目では、小学校受験の5つのメリットを紹介していきます。

1.学習意欲が高い学生が集まる

小学校受験を選択するお子さんたちは、一般的に学習に対する意欲が高いです。学習意欲が高い子供達が集まっている学校では、入学後に自発的に学習に取り組む教育環境を経験できます。互いに刺激を与え合い、学習意欲を引き出す環境に身を置けるので、学習の質の向上が期待できます。

2.学校によってはエスカレーター式で進学できる

学校によっては、小学校から中学校、高校へとエスカレーター式で進学できるところもあります。エスカレーター式の進学制度は、一貫した教育環境のなかで学び続けることが可能です。そのため、一度入学すればその後の進学については、学業に集中しながら安心して考えられるでしょう。長期的な学習計画を立てやすくなります。

3.受験を通して仲間との絆が深まる

小学校受験に限らず受験勉強というのは、お子さんにとって厳しい試練です。お受験を通して努力で合格を勝ち取ったら、入学後は同じ目標に向かって行動する仲間との絆を深める機会にもなります。お受験という困難な経験を経て、合格を掴んだ子供達同士で喜びを分かち合い、共に学び支え合うことで友情が深まったり強い絆を形成したりできます。

4.子供の能力や才能が伸びるきっかけになる

受験勉強はお子さんの能力・才能が伸びるきっかけとなります。なぜなら、様々な教材や教育方法を通じて、学習能力を高めたり知的好奇心を刺激したりするからです。お子さんが勉強を進めていくなかで、自分の能力や才能に対して新たな気づきを得たり、教科・分野の向き不向きが把握できたりする可能性があります。能力や才能が伸びることは、後々の人生に大きな影響を与えます。

5.質の高い教育を学べる

国立や私立の小学校は、特色ある教育プログラムや充実した学習環境を提供しています。例えば、少人数クラスや個人のニーズに合わせて、充実したカリキュラムを組んでいる小学校などがあります。質の高い教育環境での学びは、お子さんの能力を最大限に引き出しやすくなるでしょう。お子さんの興味関心や能力に合った学校を選ぶと、興味や強みを活かした学習ができます。

小学校受験の5つの注意点とは?

ここまでで、小学校受験に必要な準備やメリットをお伝えしてきました。お子さんが小学校受験に挑むにあたり、注意すべき5つのポイントがあります。

次の項目では、小学校受験の5つの注意点を紹介していきます。

1.ご家庭の経済的負担が大きくなる

小学校受験には学費や受験料、塾代などの経済的負担が伴います。私立学校の入試では、特に高額な費用がかかる場合があるでしょう。受験費用以外にも、受験準備や入学後の費用など様々なお金の準備が必要です。

ご家庭の経済的負担が大きくなり過ぎて家計を圧迫してしまうと、お子さんの教育に集中できなくなる恐れがあります。家計に合った選択をして、小学校受験にかかる費用を計画的に準備することが大切です。

2.お子さんとの向き合い方を誤ると勉強嫌いになる

小学校受験の過程では、お子さんとの向き合い方がとても大切です。過保護になりすぎてプレッシャーを与えたり、厳しすぎる指導を行ったりすると、お子さんが勉強嫌いになってしまう恐れがあるからです。

お子さんが勉強を楽しみながら取り組めれば、長期的な学習意欲の維持に繋がります。無理に勉強をさせるのではなく、お子さんのペースを尊重して楽しみながら学べる環境を作ることが大切です。

3.親子で受験対策に多くの時間を割く必要がある

受験対策は年単位で取り組む必要があるため、親子で多くの時間を割くことになります。例えば、受験対策には模試の受験、面接対策、学習計画などに多くの時間と労力を要します。

お子さんが途中で挫折してしまっては意味がありません。親子で協力しながら計画的に学習時間を確保して、お子さんが安心して勉強に取り組める環境を作るようにしましょう。

4.課外活動に高額な費用がかかる可能性がある

小学校受験の準備として家庭によっては、お子さんを課外活動に通わせるところもあるでしょう。例えば、塾・英会話教室・習い事などです。お子さんの成長には重要ですが、高額な費用がかかる可能性があるので注意が必要です。小さな出費の積み重ねが家計の圧迫に繋がります。無理のない範囲で、計画を立てることが大切です。

5.お子さんの気持ちを尊重しないと両親のエゴになる

小学校受験はお子さん自身の未来に関わることです。親のエゴで無理に受験させると、心に負担をかけてしまいます。お子さん自身が受験を望んでいるのかを親子で、深いコミュニケーションを取りながら確認し、お子さんの気持ちを最優先に考える必要があります。

お子さんの気持ちを尊重して小学校受験のメリットと注意点を比較検討しよう

小学校受験はお子さんの学力を高めるだけではなく、人格や人間性の成長を促す機会でもあります。お子さんの気持ちや意見を尊重しながら、たくさんの愛情を注ぎ寄り添ってあげることが大切です。それにより、お子さんは自分の気持ちや行動を理解してくれているという、安心感が芽生えるでしょう。

両親があまりにも過保護や過干渉になるのは良くありません。過保護や過干渉の影響によって、お子さんの成長の機会を奪ってしまう恐れがあります。お子さんの気持ちや意見を尊重してあげて、小学校受験のメリットと注意点を比較検討しながら受験先を決めると失敗しにくくなります。

まとめ

多くの国立・私立の小学校では例年、10月~11月の時期に受験を実施しています。一般的に私立小学校の方が国公立小学校よりも、受験費用や学費は高額です。受験はお子さんの将来に関わる重要な選択になりますから、ご両親の希望やエゴだけで決めるのは良くありません。お子さんの気持ちや意見を尊重しながら、支えてあげることが大切です。

  1. 両親の経済的負担が大きくなる
  2. お子さんとの向き合い方を誤ると勉強嫌いになる
  3. 親子で受験対策に多くの時間を割く必要がある
  4. 課外活動に高額な費用がかかる可能性がある
  5. お子さんの気持ちを尊重しないと両親のエゴになる

上記でお伝えしてきた5つの注意点を理解してお子さんの小学校受験を成功させましょう。

無料体験・見学

お問い合わせ