Column
お役立ちコラム

小学校選びで大切なこととは?親が知っておきたい5つのポイント

2024.6.25

お子さんの小学校選びに迷うご両親は少なくありません。小学校を選ぶ際に初めてお子さんの将来を考えるきっかけになる家庭もあるでしょう。学歴を重視するなら、私立小学校や国立小学校を受験して、合格するために受験勉強を頑張る必要がありますよね。

受験が必要ない公立小学校にお子さんを通学させると、幼児期を伸び伸びと過ごせるかもしれないと考える親もいるでしょう。小学校はお子さんが6年間という長い時間を過ごす場所です。両親は子供の将来にかかわる重大な決断をすることになるため、進学先で後悔して欲しくないですよね。

この記事では、小学校選びで大切なことや、親が知っておきたい5つのポイントなどについて解説していきます。

小学校選びで大切なこととは?

お子さんにとって小学校選びは、その後の人生やキャリアに大きな影響を与える可能性があります。両親はお子さんのために人生のレールを敷いてあげたいと思っても、子供の気持ちを確認しないのは、親のエゴになってしまうので良くありません。たくさんの選択肢の中から、良い学校を選ぶのは大変な作業です。

お子さんの意思を尊重しながら、深くコミュニケーションを取って進路の選択をしましょう。小学校を選ぶ際は、「私立小学校」・「公立小学校」・「国立小学校」の3つの種類があります。小学校受験が必要になるのは私立小学校、国立小学校です。

私立小学校

私立小学校は、一般的に独自の教育方針やカリキュラムを持っています。私立小学校は男子校、女子校、男女共学などに分かれているのも特徴の1つです。学費が高額になることが多いため、家庭の経済状況を考慮する必要があります。お子さんに対して教育費用はあまりネックにならない、男子校、女子校が良いという希望がある場合は、私立小学校を選ぶのがおすすめです。

国立小学校

国立小学校は国立大学法人で運営しており、文部科学省の管轄下の教育研究機関です。大学との連携が深く教育内容が研究ベースで、最新の教育研究の成果を教育現場に取り入れることが多いです。

国立小学校は入学競争が激しく、入学試験を通過する必要があります。学費は私立小学校に比べると低めですが、公立小学校に比べると高い傾向にあります。国立小学校は教育の質と費用のバランスを求める家庭にとって、良い選択肢となるかもしれません。

公立小学校

国の方針で教育の質が確保されている教育機関が公立小学校です。公立小学校は地域のお子さん達が集まる場所であり、教育費用が私立小学校に比べて低く抑えられている点も魅力です。私立小学校や国立小学校とは違い受験を必要としません。

学費が無料であるため、保護者の経済的負担が少ないのが特徴です。地域社会との繋がりが強く、地域の行事・イベントに参加する機会も多いです。お住まいの地域によって公立小学校の環境が違います。お子さんを通学させたい場合は学区の評判、地域性、教員の質など情報収集が大切です。

お子さんの適性や能力を伸ばせる小学校選びが大切

小学校選びの判断基準として教育の質、経済的な利点は重視しがちですが、お子さんの将来を見据えた選択も重要です。親がお子さんと深くコミュニケーションを図りながら、適性や能力を伸ばせる小学校を選びます。お子さんがどのような環境下であれば、適性や能力が伸びそうなのか見極めることが大切です。

例えば、子供が負けず嫌いの性格だったら、入学競争率が高い国立小学校に入れば、競争心や向上心を促す学習環境が整っています。

お子さんが小学校生活を楽しめるのかという点も重要です。通学していると時には嫌なことや、苦手なことにも向き合う必要があるでしょう。適性や能力を伸ばせる小学校選びができても、お子さんが小学校生活に苦手意識があったり不登校になったりすると、成長を阻害する要因になってしまいます。その結果、お子さんが小学校生活を楽しめなくなって、適性や能力が伸びなくなる恐れがあります。

小学校選びで親が知っておきたい5つのポイント

ここまでで、小学校選びで大切なことやお子さんの適性や能力を伸ばせる学校を、選択する重要性をお伝えしてきました。お子さんの小学校選びを失敗しないためには、親が気を付けるべき5つのポイントがあります。

次の項目では、小学校選びで親が知っておきたい5つのポイントを紹介していきます。

1.お子さんの意思を尊重する

小学校選びは親が一方的に決めるのは良くありません。お子さんの意思を尊重し親子で、深くコミュニケーションを取りながら決めることが大切です。子供が興味を持っていること、得意としていること、学校で学びたいと思っていることなどを話し合い、学校選びの基準にしましょう。

お子さん自身の意見が尊重されることで、自己肯定感が高まり自立心が育ちます。自分の意見を自信を持って伝える力もつくでしょう。お子さんが安心して勉強できる環境を選ぶと、学びに対する興味や学習意欲を高めることにも繋がります。

2.学校を見学する

オープンキャンパスや学校見学会に参加して、雰囲気や教育方針を理解することは重要です。施設を見たり教員や学校関係者と会話したりすると、お子さんがどのような環境で学ぶのかを具体的に把握できます。お子さんが学校生活に適応しやすくするためにも、学校を見学することは重要です。

志望校を見学できるとお子さんは、受験や学校生活へのモチベーションが高まったり、不安な気持ちを解消したりに繋がります。学校を見学することは、お子さんだけでなく親自身にとってもプラスになります。お子さんが過ごす学校生活への理解が深まるため、親としてどのようなサポートをしていくべきなのか具体的に考えられるからです。

3.複数の志望校を選択して費用を比較検討する

公立小学校、国立小学校、私立小学校では教育内容だけではなく費用も大きく異なります。複数の志望校を選び、学費・教材費・給食費・部活動費などの費用を比較検討して、家庭の経済状況に合った選択が大切です。複数の選択肢を持つことで、お子さんのニーズに合った小学校選びや、長期的な教育計画が立てやすくなります。

4.入学をゴールにせず将来を見据える

入学をゴールにするのではなく、お子さんの将来を見据え中学校、高校、さらには大学への進学といった長期的な視点で考えることが重要です。学校での学びがお子さんの将来の夢や目標にどのようにつながるのかを考えましょう。

子供の適性や能力を伸ばせる学校を選ぶことが、将来の成功に繋がります。お子さん自身も小学校へ通学しながら成長していくなかで、自立心が芽生えてきて将来に対するビジョンを持つ可能性があります。

5.早い段階から幼児教育に取り組む

幼児教育に早くから取り組むことで、小学校での学習にスムーズに対応できるようになります。小学校入学前の幼児教育は、お子さんが学ぶ楽しさや好奇心を育む大切な時期です。学習の基礎を固め、学習習慣や社会性を身につけることにも繋がります。

受験が必要な小学校を進学先にしている場合、お子さんが小学校受験に合格した後も重要です。一生懸命に勉強をし続けなければ、進学に影響を及ぼしたり、授業についていけなくなったりするからです。早い段階から幼児教育に取り組んでいると、勉強する習慣や自己管理能力が身につくため入学した後も役立ちます。

まとめ

小学校にお子さんを通学させる場合、私立小学校・公立小学校・国立小学校の3つの選択肢があります。まだ自分自身を客観視できない、自立心が芽生えていない幼児期に、お子さんが人生の方向性を考えるのは無理がありますよね。小学校選びは親が主導するべきなのか、親子でコミュニケーションを取りながら、決めた方が良いのか賛否両論あることでしょう。

  1. お子さんの意思を尊重する
  2. 学校を見学する
  3. 複数の志望校を選択して費用を比較検討する
  4. 入学をゴールにせず将来を見据える
  5. 早い段階から幼児教育に取り組む

お伝えしてきた親が知っておきたい5つのポイントを参考にしていただくと、小学校選びに失敗しにくくなります。お子さんが小学校生活を安心して楽しめるのかという点まで考えてあげましょう。

無料体験・見学

お問い合わせ